火災保険

住宅ローンには火災保険をお忘れなく

住宅を新築する際に、住宅ローンを組む方は多いのではないでしょうか。ローンを組む際に、火災保険や地震保険に加入することが条件になっているため、購入する側は、いずれかの火災保険や地震保険に加入することになります。

なぜ保険に加入する必要があるかというと、万が一、住宅に火災が起こった場合に、ローン支払い中だった場合、補償が必要になりますので、ローンを組む場合は、加入が義務付けられています。一括で支払う場合は、任意となっています。

火災保険の補償内容

保険がカバーする補償内容は、火災だけではないことをご存知でしょうか。住宅ローンの火災保険は、火災の他に、落雷、破裂、盗難、水漏れ、ひょう災、などを補償します。多くの項目を補償する商品ほど、金額は高くなります。

逆に、最低限の補償で良いという場合は、価格を抑えることができます。ローン会社によっては、地震保険とセットにして、割引をすることがあるようです。割引制度を上手に利用すると、かなりコストを抑えることができます。

一括払いで割引が受けられます

火災保険は、一括払いの場合は割引になることが多いようです。その他、オール電化住宅は、火災のリスクが減少するため、割引対象となる場合が多いです。その他、割引にしている会社が多い項目としては、非喫煙者、太陽光発電の有無、耐火性の高い住宅かどうか、などが挙げられます。

又、新築の場合も割引になるケースがあります。多くの補償を付けても、新築で、最新の構造の場合は、かなり安く入ることができますので、もしもの際に、手厚い補償の保険に入ることをお勧めします。

火災保険の日新火災

日新火災の火災保険なら、あなたの住居やリスクに応じて、自由自在に補償を選択することが可能です。ローン住宅の火災保険として多くの方に支持されています。